毎年80万人以上が利用する一括見積もり

安い通販型には事故対応の評価が高いものが多いことがだんだん知られるようになりました。
安いというだけでいざという時の心配をする必要はもう無くなったと言っていいでしょう。

でも共済等も含めれば自動車保険を扱うのは20社を超えます。
1社ずつ見積リを取って比較するのは大変な時間と労力が要ります。

チェック 新規で安い自動車保険を見つけたい
チェック今の自動車保険を安いところに切り替えたい

自動車保険の一括見積もりはそんなときにピッタリの無料サービスです。


自動車保険 安い

重要 一括見積もりのメリット

チェック 複数社の保険料が一度に比較できること
チェック 全くの【無料】で利用できること
チェック 10分程度で入力が完了すること
チェック 利用後の勧誘の心配が無いこと(※体験上間違いがありません。)
チェック 利用による契約義務の発生が無いこと
チェック 利用者が多く(年間80万人以上)安心して利用できること

こんなに便利なうえ安心して利用できる一括見積もり、
自動車保険選びに活用しないのはもったいない話です。

保険料だけでなく、見積もりサイトでは各社の事故対応の比較も確認することができます。
まさに安い自動車保険を探すためにあるサービスと言ってもいいでしょう。

自動車保険一括見積の比較(当サイト人気順)

自動車保険の一括見積もりはどれも無料で使用することができます。
今数多く利用されている人気の一括見積もりを比較してみます。

順位    サービス           詳         細
第一位

ズバット自動車保険比較

最大19社 ほぼ全保険会社をカバー
比較的新しく今最も高機能な一括見積りサービスです。
「見積もり予約」は他社には無いズバットだけの便利な機能。
見積サイトはわかりやすい利用体験談などお得な情報が満載です。

第二位

保険スクエアbang!

300万人が利用!使いやすさNO.1の一括見積もり
最大18社の見積りを一括比較。画面でシミュレーション可能なシステムが特徴。
見やすく分かりやすい一覧でマイペースの比較・検討できます。
入力画面の案内が親切でとても使いやすい一括見積もりと評判です。

第三位

インズウェブ

既に800万人が利用の人気サービス
業界最多の最大20社に一括して見積り依頼をすることが出来ます。
利用者の保険料が安くなった平均額はなんと30,597円。
各社の保険料などをリアルタイムで比較検討することができます。

一括見積もりの保険料比較の例

一括見積もりによる保険料比較の一例をご覧ください。
補償など同じ条件での各社の違いが一目瞭然です。


アウトドア大好き30代ファミリー(※保険スクエアbangの公式ページから引用)
■年間保険料(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)

自動車保険 安い
  • チューリッヒ    37,080円
  • セコム損保     38,260円
  • アクサダイレクト  40,280円
  • ソニー損保     42,760円
  • そんぽ24     43,290円
  • 三井住友海上    50,040円
  • あいおい損保    52,800円
  • 日本興亜損保    57,540円
  • 東京海上日動    57,770円

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


入力作業は最短で5分程度、メールなどで送られる見積もり結果でこのような比較を心行くまで行なうことが可能です。
また、事前に絞り込んだ数社だけを見積もって念入りに比較・検討することも可能です。

比較できるのはもちろん保険料だけではありません。
補償内容、事故対応サービス、ロードサービスなども比較できます。

自動車 安い|通販の自動車保険って大丈夫?

代理店が事故対応を行うわけではない!

「プロ代理店」であっても代理店が事故時のあっせんや仲介などをすれば法令違反になります。
「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でも通販でも同じことです。


事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」ということになります。


ネットで「代理店探しが何よりも重要」というコメントが多いのは、米国などと違って専業の代理店が10%しかない日本の自動車保険市場が背景になっています。

「代理店の方が安心」というのは、20%の手数料に見合う「プロ代理店」に恵まれた場合の話だと考えるべきでしょう。


同じ保険なのに代理店によって品質(安心度)が違うのはおかしい。

ディーラーなど片手間の副業代理店はクルマのプロではあるでしょうが、保険のプロではありません。

代理店の質によってこれほど品質(安心度)の違ってしまう高額商品が、同じ値段で販売されていること自体が???です。


損保会社でも過去の「代理店の粗製濫造」を反省し代理店の再教育などに努めているようですが、状況が簡単に変わることはないでしょう。


その点通販自動車保険のサービスは代理店に左右されることはありません。
事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっています。

●安くて評価の高い自動車保険をお探しなら一括見積もりをお試しください。

安くていざという時に安心な自動車保険をお探しなら一括見積もり【無料】が何よりのおススメです。

一括見積もりは一度の入力で複数の保険会社の見積もりをメールや郵送で取り寄せることができます。

届けられた見積もりをわかりやすい一覧表で比較、検討することにより自分にとって最適で最安の自動車保険を簡単に見つけることができます。

まだ利用したことがない方は、一度でいいですからだまされたと思って一括見積もりをしてみてください。(完全無料、電話勧誘なし、加入義務なしで被害は全くありません。)

同条件なのに各社の保険料があまりにも違うのにきっと驚くと思います。

加入条件によっては年間保険料が2倍近くも違ってしまうこともあります。

このことを知れば、自動車保険を見る眼が一変してしまうと思います。

保険料の安さだけでなく、あなたのライフスタイルにフィットするリーズナブルな任意保険を納得して選ぶことが可能になります。

自動車保険の更新時には、ぜひ1度、自動車保険の見積り比較をしてみることをおすすめします。


●クルマの維持費の中で自動車保険はかなりの負担になる

保険代理店経由だと年間10万円を超える任意保険料も珍しくありません。

毎年必ず必要になる高額商品なのに、見積もり比較もせずにディーラーなど保険代理店の言いなりになり勝ちなのはなぜでしょうか。

確かに自由化の前までは自動車保険は各社横並びで選択の余地がありませんでした。

でも今は、数多くの商品から自分の眼で見、考えて最適の保険を選ぶことができます。

それでも毎年内容も調べずに高額な買い物を続けるのは保険くらいなのかも知れません。

ネットでは「通販は自分で勉強が必要ですよ」という代理店関係の方と思われるコメントが多いですが、毎年の高額な商品の勉強をしない方がおかしいのです。

代理店など従来型保険側にとって「勉強されると困る」ということなのかも知れません。

「自動車保険=高額商品」のイメージをしっかり持つべきではないでしょうか。

そして新顔である通販型への中傷や偏見から抜け出しましょう。

通販型の方が全体的に満足度で勝っていることは各種の満足度調査の結果が証明しています。

保険料の安い自動車保険の方が、事故対応などいざという時の顧客満足度が高いのです。

値段の安いほうが商品の評価が高いというのは自動車保険くらいかもしれませんね。


このページの先頭へ